「葛飾区に住んでいる」といった時に、誰からも「いいところに住んでるね」と言ってもらえるような「まち・ひとづくり」を次の世代のために提言し続けてまいります。

やっぱり、政治は母性をもってやらなきゃ変わっていかないでしょ??

議会は、子どもの立場をふまえた考えや、女性からみた視点で代弁ができない、理解しない(できない)、関心がない議員が、驚くほど多く存在する場所です。

38歳で「ママがやらなきゃ変わらない!!」キャッチフレーズを掲げてから2期8年。

数々の経験と様々な政策実現に携わらせていただきました。
実績を積ませていただき、即、戦力として活動して参ることができましたのも、国政における与野党の立ち位置に関係なく、葛飾区民の皆様のために尽くしているわたくしに、信頼と期待をお寄せいただき、お育てくださった皆様のおかげです。今後は、行政機関の特長をさらに活かした政策を提言していくとともに、引き続き、区民の皆様のご意見・ご相談を誠実に承り、声をあげたくてもあげることができない人々の代弁者として、政治を変えていくことができるよう、しっかりと区政に取り組んで参ります。

いよいよこれからが、わたくし中村けいこの「本番」です!

もう、地位や名誉やしがらみで動かす政治をやめさせませんか?

これからの日本の社会が、ほんとうに安定した暮らしを保障できるために、魅力ある葛飾区であるために、ほんとうに必要なこと、それを皆様と追及していきたいと思います。

何事も批判をするのは簡単なことです。

でも、課題を改善していくことは、人を育てること同様、容易ではないはずです。

わたくしは、母親としての目線で、次の時代を生きていく子ども達、若い世代のために、責任をもって政治の体質を改善していきたいと思います。「母親力」で未来を考えることは、今の社会を変えていくことでもあります。一人でも多くの方が「政治」や「地域のつながり」に「関心」をもっていただき、「将来にも安心・安全な葛飾」「みんなが幸せでいられる社会」を「区民の皆様と共に」考えていけることを望みながら、議員活動を続けてまいります。

中村けいこの掲示板

私たちも応援しています!

東京23区は、それぞれの区で地域特性がまったく違います。 私たち議員は、お互いの区の現状を情報共有しながら、切磋琢磨して活動をしています。 そのように日頃から親しくしているお二人の区議会議員からメッセージをいただきました!! ありがとうございます。

足立区議会議員

長谷川たかこ

第5回マニフェスト大賞  最優秀政策提言賞受賞、第12回マニフェスト大賞 優秀政策提言賞受賞/2017年11月2日最優秀賞発表

中村けいこさんは、信頼できる人!

2009年に中村けいこさんが初当選をし、それ以降、多くの同志が民主党・民進党から、選挙の度に離れていきました。しかし、彼女は政治ポリシーを一貫して貫き、これまでブレない区政活動をしてきました。

政治は、本来、政治家本人が主体となって引っ張っていくものです。それが出来ない、行動力の無い人ほど、政党に責任を転嫁して、移っていきます。揺れ動く中にあっても、政治は人格が大切です。皆さんの確かな目で、政治家中村けいこを盛り立ててください!!

中央区議会議員

渡部恵子

株式会社「洸峰」、築地魚河岸 仲卸二代目

中村けいこ区議は、 葛飾区に必要な人財です!

私が中村区議に会ったのは7年前、都議会民主党主催の勉強会でした。 当時私は、初当選したばかり。中村先生が、熱心に学び、鋭い質問をなさる姿勢は、断然、際立っており、私は「この方の姿勢に学びたい」と勉強会終了後、名刺を交換させていただきました。  今も当時と変わらず、真摯に政治に向かう姿勢は、実直に区民に向き合う姿勢のあらわれです。政策立案の実績は非常に高く、これも中村けいこ区議が、他の議員より際立っている理由の一つです。  区民のために、地域の発展のために、子どもたちが安心して教育を受けられる環境を整えていくために、地域防災のために、中村区議は尽力を上げていらっしゃいます。  信頼できる、心温かい人柄の中村けいこ区議会議員は、議員仲間からも信頼されています。中村区議こそ、葛飾区に必要な人財。区民の皆さまへ、正直に向き合い、懸命に皆さまと地域の発展のために、フットワーク軽く働いていくことができる人です。